AGA検査はどこで行える?検査を受けられる医療機関と検査内容、検査費用をご紹介!

AGA検査を受ける男性

AGAは男性型脱毛症のことで、薄毛に悩んでいる若い世代にとっては耳にしたくないワードではないでしょうか。しかし、段々と抜け毛が増えてきたり、毛が細くなってきたりしている場合は、AGAを疑い検査を受けることが賢明です。

そこで今回は、AGAの検査が受けられる医療機関や検査の内容などを説明していきます。また、あわせてAGAの検査にかかる費用についても紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

AGAの検査は皮膚科とAGAクリニックで受けられる!

AGAテストを受けたい人

AGAの検査を受けられる医療機関は、皮膚科とAGAクリニックの2つです。一般的にはAGAを専門に扱っているクリニックで治療を受ける印象が強いですが、皮膚科でも受けられます。気になる方は直接足を運んでみるか、問い合わせなどを行ってみてください。

皮膚科とAGAクリニックで検査内容に違いはあるの?

それでは、皮膚科とAGAクリニックの検査内容はどういったものかを説明していきます。まず、皮膚科の場合は医師からの質問に対して症状などを伝えて応える問診、そして頭皮がどういった状態であるかを目で確認する視診が実施されます。

一方AGAクリニックの場合もまずは問診と視診を行い、その後頭皮や髪の状態などをみていく検査が一般的ですが、血液検査や遺伝子検査を行うこともあります。

基本的にAGAの検査方法は医療機関によって定められておらず、また自由診療であるため検査方法は皮膚科とAGAクリニックで異なります。

皮膚科やクリニックで行われるAGA検査は2種類ある

AGA検査は主に2種類の方法があり、まず一つ目は「頭皮の検査」です。皮膚科とAGAクリニックのどちらにおいても視診により実施されます。そしてもう一つは「遺伝子検査」で、採血により目では見えない部分まで検査をしてくれるため確実性が高くなるのが特徴です。

では、具体的に両者はどういった検査内容となるかを見ていきましょう。

AGA検査①:頭皮の検査

頭皮検査を受ける人

頭皮の検査はAGA検査の基本といえるもので、髪や頭皮の状態をチェックしていきます。

主なポイントとしては

  • 生え際が後退していないか
  • 頭頂部の毛量が減り薄くなっていないか

これらをみていくことで、AGAの特徴となる症状がでていないかを検査します。AGAの頭皮検査では目で見て判断できること以外に、親族に毛が薄い人はいないか、そして脱毛の経過などもチェックされるポイントです。

頭皮の検査では自分では調査することが難しい毛穴や頭皮のコンディションを専門医がみてくれますので、AGA治療において非常に重要な作業といえます。

頭皮検査はベストな治療法を見つける手がかり!

皮膚科やAGAクリニックにて頭皮検査を実施するのは、現状がどういった状態であるかを確認することもありますが、それだけではなく最適な治療法を見つけるための手がかりを探す意味もあります。

実は頭皮や髪の状態はAGA治療において個人に合った方法を判断するための重要な材料であり、医師としても知っておきたい情報が込められているのです。

AGAのなかでも生え際部分の薄毛が進行する場合と、後頭部が薄くなっていく場合があります。仮に患者が生え際の薄毛が進行している場合、度合いに合わせて効果的な薬などを投与しなければベストな効果が得られません。

薄毛の進行度合いによって治療法は変わってきますので、最も効果が出る治療をするためにも頭皮検査は非常に有効です。

AGA検査②:遺伝子検査

遺伝子検査の写真

皮膚科やAGAクリニックでは頭皮検査はほぼ100%実施されますが、遺伝子検査に関しては任意で行われることが多いです。上述した通り頭皮検査はAGAがどれだけ進行しているかなどをチェックする目的があります。

また、遺伝子検査は「生まれつきAGAになりやすいか」をチェックすることが目的です。AGAの遺伝子検査は主に2つの方法がありますので、それぞれを解説していきます。

SNP検査

SNPはスニップといい、これは遺伝子情報のなかで起こるわずかな違いを意味している言葉です。人間の遺伝子は99.9%が同じといわれていますが、0.1%は個人差があります。

この0.1%に生じるスニップを検査することで、その人の体質や病気のかかりやすさなどを調査することが可能です。そのため、SNP検査でAGAを引き起こす可能性を知ることができます。

CAG、GGCリピート検査

CAG・GGCリピート検査とは、CAGとGGCという塩基配列が何回繰り返し配列されているかを調査することです。この配列がリピートされる回数が多ければAGAになりにくい体質であり、配列の数が38より低い場合はAGAの可能性が高いです

また、CAG・GGCリピート検査を実施すると、AGAになりやすいか否かの体質を知るだけでなく、どういった治療薬が適しているかを判断するための材料にもなります。

AGAの遺伝子検査はあくまでも「生まれつきのAGAのなりやすさ」を調べるもの

遺伝子検査はAGAになりやすい遺伝子をもっているかを知るうえで有効な検査方法です。しかし、なりやすい体質であるからといって必ずしもAGAになるとは限りません。

遺伝子検査はあくまでも生まれつきAGAになりやすい体質であるかを調べるための検査なので、勘違いをしないよう理解しておいてください。

AGA検査にはどのくらいの費用がかかる?

気になる費用

AGA検査は自分に適している治療法を把握できたり、早期の発見に繋がり対策ができたりとメリットが多くあります。また、医師にAGA治療についてわからない点を質問できることも足を運んだ甲斐があると感じられるでしょう。

では、AGA検査には一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか。これに関しては医療機関によって異なるため一概にはいえませんが、一般的な相場は1回の検査でおよそ3,000円から5,000円です。

遺伝子検査などを実施するとさらに高額となるため、事前に訪れる予定のクリニックなどに問い合わせておくことをおすすめします。また、AGA治療は自由診療になるため保険適用外であることも理解しておいてください。

AGA検査はどこで行える?検査を受けられる医療機関と検査内容、検査費用をご紹介!

AGA検査を検討する人

AGAの検査は頭皮検査と遺伝子検査の2つがあり、それぞれで目的が異なります。

頭皮検査は現状の状態を確認することで、効果が見込める治療法を見つけられるものです。一方で、遺伝子検査の場合は生まれつきAGAになりやすい体質であるかなど、目では確認できない部分を調べられます。

両者ともに専門医が検査をしてくれるため、費用はかかりますが改善に向けて大きな一歩を踏み出せることでしょう。

検査を実際に受ける前に、最近のAGAクリニックでは無料カウンセリングを実施しているところが多いため、一度相談してみるのもおすすめです。また、AGA検査は医療機関によって異なるため、事前にどういった検査を実施しているかを問い合わせることも重要です。その際に、検査にかかる費用についても確認しておいてください。

参考:
男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)(日本皮膚科学会ガイドライン)
/a>

あなたにオススメのクリニックを探す
AGAの他の記事