今からできるAGA予防!日頃から意識して髪の毛や頭皮を健康に!

AGAの男性

AGAに悩んでいる人は多く、市販薬や病院に通うなどをして治療や防止に取り組んでいる人は少なくありません。若いうちから薄毛になると自信を失くし、明るく前向きになれないことから充実した人生を送れない人もいるほどで、AGAは深刻な問題ともいえます。

そこで今回はAGAを予防するうえで理解しておくべきメカニズムについて説明し、いくつかある予防法を解説していきます。AGAではないからと油断をせず、日頃からきちんと実践できるよう知識として習得しておいてください。

予防を考える上で重要なAGAのメカニズム

AGAでうつむく男性

AGAとは「Andro Genetic Alopecia」の略であり、男性型脱毛症のことです。AGAを進行させないよう防止するには、まずAGAのメカニズムについて知る必要があります。現在、薄毛で悩む男性の90%以上はAGAが原因であるといわれるほど深刻な問題です。

AGAの症状は、早い人で思春期を過ぎたころからみられることがあります。AGAは男性ホルモンが血液を通して頭皮にある2型5αリダクターゼと結び付き、ジヒドロテストステロンに変換されることで脱毛因子を増やすことが原因です。

脱毛因子は髪に対して抜けるように指示を出すことから、正常なヘアサイクルを乱し成長する前に髪が抜け落ちてしまうため、進行すると薄毛になります。

実はAGAに対する直接的な予防法はない

上述した通り、AGAの原因は男性ホルモンがジヒドロテストステロンと結び付くことで脱毛因子を増やすこと、そしてもう一つは遺伝です。これらは防ぎようがない問題であるため、現状AGAを直接的に防止する方法は見つかっていません。

そのため、ミノキシジルやフィナステリドなどの有効成分が含まれている薬を服用したり、発毛剤などを使用したりする人が多いです。

間接的なものであればAGAの予防法はある!

さきほど解説した通りAGAは遺伝や男性ホルモンが原因であるため、直接的な予防は難しいです。しかし、直接的でなくとも髪や頭皮に対して良い行動をすることで間接的にAGA予防ができます。ここからは、普段の生活から意識すると取り組めるAGA対策について紹介していきます。

AGA予防①:健康的な食事を摂る

髪に良い食事

食生活の乱れは頭皮の乱れを招くといわれているほど、髪へ与える影響は非常に大きいです。健康で丈夫な髪をつくるには健康的な食事を摂ることを意識してください。

不健康な食生活を送っていると髪への栄養不足を招いてしまい、綺麗な髪ではなくなる、かつAGAの進行に繋がってしまうためご注意ください。

AGA予防に取り入れたい栄養素は?

AGA予防として重要な栄養素は、「タンパク質」・「亜鉛」・「ビタミンB群」です。これらの栄養素が不足するとAGAの進行は早まるといわれています。

なかでもタンパク質に含まれている「ケラチン」は欠かせない栄養素で、髪の90%はケラチンで構成されています。そのため、ケラチンが不足すると健康的な髪をつくることができず、薄毛や抜け毛へと繋がってしまうのです。

タンパク質はお肉や魚、大豆や乳製品などに含まれている栄養素で、美しい髪つくりには欠かせません。

そして、亜鉛はケラチンを合成する働きがあり、摂取することで髪の生成をサポートする力があります。レバーや魚介類、またはお肉などに含まれている栄養素なので、AGA予防のために積極的に摂取しましょう。

ビタミンB群は豚肉や赤身の魚、玄米、レバーなどに含まれている栄養素で、頭皮の新陳代謝を促進する働きがあります。健康な髪をつくるには頭皮環境は重要となるため、しっかりと摂取することを意識しましょう。

AGA予防②:できるだけダメージを与えないように髪を洗う

ダメージを与えないシャンプー

AGAを間接的に予防するためには、髪の洗い方も非常に重要です。洗い方が悪いと頭皮の乾燥やフケの発生、さらには抜けが増える原因になってしまいます。結果として薄毛に繋がる可能性があるため、注意しなければいけません。

ここからは、髪を洗う際に気を付けたいポイントについて説明していきます。

髪を洗う際に気を付けたいポイント

髪を洗う際は、まずシャンプー前にブラッシングをしてください。ブラッシングをすると髪に付いている汚れを落とすことができ、頭皮の血行も促進する効果があります。頭皮の血行促進は健康な髪を育てる・生やすために重要です。

そして実際に洗う際は、まずシャンプーを付ける前にしっかりと髪をお湯ですすぎます。髪に付いている汚れなどはすすぎである程度落とすことができるため、丁寧に行いましょう。

その時のポイントとして、すすぎに使うお湯の温度は38度程度に設定してください。熱いお湯ですすぐと頭皮の乾燥に繋がりますし、髪のタンパク質が溶けてしまう可能性があります。

すすぎで汚れを落としたらシャンプーを付けて髪と頭皮を洗ってください。シャンプーは泡で洗うイメージで行い、爪を立てるのではなく指の腹で洗うようにしましょう。

また、髪や頭皮を洗いながら頭皮のマッサージを行うことで、血行を促進し薄毛や抜け毛の予防に繋がります。そして、シャンプーで洗い終わったらしっかりとすすいでください。すすぎが甘いと頭皮環境や髪質に悪影響となりますので、時間をかけて流しましょう。

AGA予防③:その他に日頃から取り組みたいAGA予防法

健康な頭皮の男性

AGAの予防は上記で紹介した髪の洗い方や食事以外に、日頃から取り組めるものがあります。より薄毛を防ぐためにも、ここから紹介する予防方法について把握しておきましょう。

ストレスを溜めすぎない

過度なストレスはAGAの原因で頭皮の血行不良を招きます。頭皮の血行が悪くなると抜け毛や毛が伸びづらくなるため、薄毛に繋がります。自分なりのストレス解消法を考えることや、リラックスする時間を設けるなどストレスを溜めないように心掛けてください。

時々ストレッチして血行を促進する

薄毛への対策として血行を促進することは非常に重要です。血行不良は頭皮だけでなく体全体にもいえることなので、時々ストレッチをして体をほぐしてください。

特にデスクワークなどで長い時間同じ姿勢で座っていると、体が凝り固まってしまい血行不良の原因となります。凝ってきたなと感じた時は、体全体をストレッチして血行を促進することでAGAへの予防に繋がります。

禁煙する

タバコに含まれているニコチンは血管を収縮させるため、血行不良の原因になります。すると体全体に栄養素が運ばれず髪にも必要な栄養が届かないため、頭皮環境などが悪くなり薄毛に繋がってしまいます。

また、髪に対してだけでなく、そもそもタバコは健康に良くないので禁煙をした方が良いです。世間的にも禁煙が進められており、飲食店でも全席禁煙などが増えているため、これを機にタバコを辞めてみてはいかがでしょうか。

生活リズムを整える

生活リズムが悪いと自律神経が乱れてしまい、それが原因で血行不良を招いてしまいます。特に睡眠のサイクルが乱れると自律神経やホルモンバランスが乱れやすく、正常なヘアサイクルを妨げるためAGAの進行に繋がりかねません。

上記でも説明しましたが、血行不良により髪に必要な栄養素が届きにくくなるため、生活リズムを整えることはAGA予防に極めて重要です。

今からできるAGA予防!日頃から意識して髪の毛や頭皮を健康に!

AGAを気にする男性

AGAは男性ホルモンや遺伝が原因であることから、直接的な予防は難しいです。しかし、食事や生活習慣の見直し、さらに髪の洗い方などを改善することで間接的な予防に繋がります。

決して難しいことではないため、AGAの予防やこれ以上進行させないためにも、意識して取り組んでみてください。

参考:
男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)(日本皮膚科学会ガイドライン)

あなたにオススメのクリニックを探す
AGAの他の記事