フケ対策におすすめの方法とは? 健やかな頭皮を取り戻すためにできる3つのこと

フケ対策を考える人

フケは決して良い印象を与えないものなので、発生しないように対策を講じなければいけません。そのためには、そもそもフケはなぜ発生するかという原因を知ること、そして日頃の行動を見つめ直すために取り組める対策を把握しておくべきです。

そこで今回は、フケ対策におすすめの方法について解説し、シャンプー前にできるおすすめのスカルプケア商品を紹介していきます。

フケ対策におすすめの3つの方法を紹介!

フケを考える男性

性別に関係なくフケに悩まされている人は少なくありません。周囲に良い印象を与えないことからフケを発生させないためには何かしらの対策が求められますが、そもそもなぜフケが出るかを知らない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、フケが発生する原因と対策におすすめの方法について紹介していきます。

フケってどうして出るの? フケの原因とは

フケとは頭皮にある老廃物のことで、肌に例えるならば垢と考えてください。人間はだいたい1ヶ月程度で肌が生まれ変わり、古くなった角質は剥がれていきます。つまり、頭皮の古い角質の正体がフケです。

では、具体的にどういったことが原因でフケが発生するかを見ていきましょう。

乾性のフケ|頭皮の乾燥

乾性のフケとは頭皮の乾燥を意味しており、主な原因は過度な洗髪、洗浄力が強いシャンプーの使用が挙げられます。

頭皮は皮脂があることで潤いを保っていますが、必要以上に落とすと乾燥してしまい目根気力が低下します。その結果、頭皮のターンオーバーのリズムが狂うことで角質がはがれやすくなり、フケが発生するという仕組みです。

また、もともと乾燥肌の人は乾性のフケが発生しやすくなっています。

脂性のフケ|皮脂の過剰分泌

脂性のフケとはベトベトタイプともいわれており、乾性のフケとは逆で洗髪不足による皮脂の過剰分泌が原因です

しっかりと落とし切れていない皮脂はやがて頭皮にある古い角質と混ざり、ベトベトとした脂性のフケになります。

また、洗髪不足以外にシャンプーのすすぎ残しがある場合も脂性のフケが発生する原因です。

生活習慣の乱れ

上記で紹介した乾性と脂性のフケの両者にあてはまる原因が、食生活の乱れやストレス、ホルモンバランスの乱れです。

まず食生活については、栄養バランスを意識することが非常に重要で、頭皮に有効な成分を含む食材を食べることをおすすめします。

また、過度なストレスは血管を収縮させることから頭皮に栄養を送れず、その結果新陳代謝が悪くなり古い皮膚がフケとなってしまいます。

さらに、睡眠不足はホルモンバランスを崩し頭皮へ悪影響を与えるため、しっかりと寝るように心掛けてください。

健やかな頭皮を取り戻すためにできる3つの方法

普段の生活を見直すことで、頭皮は健やかな状態に戻すことができます。では、いったいどういった方法があるのでしょうか。

ここでは、健康な頭皮を取り戻すためにできる3つの方法を紹介していきます。

1. ヘアケア方法を見直す|正しいシャンプーの仕方とは?

まず1つ目はヘアケア方法を見直すことです。なかでも特に重要となるのがシャンプーの方法で、間違ったやり方ではフケを改善するどころか悪化させてしまう可能性があります。

正しいシャンプー方法は、まずブラッシングをしてある程度髪や頭皮に付着している汚れを落とします。

そうすることで、シャンプーの泡立ちも良くなりますし、刺激を与えることが少なくなるため頭皮へのダメージを抑制するのに効果的です。ブラッシングで落とせなかった汚れは、シャンプー前にお湯でしっかりとすすいでください。

次にシャンプーで洗いますが、注意すべきポイントは頭皮や髪に付ける前に、まず手で泡立てることです。シャンプーを泡立てずに付けてしまうと、原液が頭皮に付着してダメージを与えてしまうだけでなく、最後のすすぎの段階で残りやすくなります。

シャンプーは全体的に指の腹を使って優しく洗い、同時に頭皮マッサージをすることで血行を促進すると、栄養素が行き渡りやすくなるためフケを防止できます。

最後はシャンプーが残らないようにしっかりとすすいでください。

2. シャンプーを選ぶ|薬用・洗浄成分で選ぼう

フケ対策用の薬用シャンプーや、洗浄力があまり強くなく頭皮の乾燥を防ぐアミノ酸系のシャンプーなどを使うこともフケ防止には有効です。

洗浄力が強いアルコール系や石鹸系のシャンプーは頭皮の乾燥を招きフケを発生させてしまう可能性が高いため、購入の際は避けるようにしてください。

3. 生活習慣を見直す|取り入れたい栄養素とは?

ビタミンB2・B6、さらにビタミンAや亜鉛などはフケ予防に効果を発揮します。

ビタミンB2はレバーや納豆、卵などに含まれる栄養素で、タンパク質の合成に関わり肌荒れや髪のトラブルを防止する働きがあります。

ビタミンB6はまぐろの赤身に豊富に含まれており、皮脂の分泌を抑えるのに効果的な栄養素です。

また、ビタミンAはレバーやほうれん草、人参などに豊富に含まれており、皮膚や粘膜の健康を維持する働きがある栄養素です。

亜鉛は髪の生成などを助ける働きがあるため、健康に保つうえで欠かせません。

また、上記でも説明しましたが睡眠時間を確保することやストレスを溜めないことにも取り組みつつ、これらの栄養素を取り入れて生活習慣を見直すことで、フケの発生予防に繋げることが可能です。

シャンプーの前にできるスカルプケア|おすすめの商品を紹介

スカルプケアおすすめ

ヘアケアの見直しとして正しい洗髪方法を説明しましたが、シャンプー前に頭皮のケアをすることもフケの防止に効果的です。

ここでは、シャンプー前におすすめのスカルプケア商品を紹介していきます。

シーブリーズ|シャンプー前の毛穴すっきりクレンジング

シーブリーズの「シャンプー前の毛穴すっきりクレンジング」は、頭皮の毛穴に詰まっている皮脂やスタイリング剤などを事前に落としてくれる商品です。

使い方は簡単で、シャンプー前に頭皮を濡らし、ノズルを近づけてプッシュし、全体にまんべんなくのばしながら、指の腹でもみほぐすイメージでマッサージを行ってください。マッサージを終えたら洗い流して普通にシャンプーをするだけです。

シャンプーだけでは落としきれない汚れを事前にオフすることで、健やかな状態を保ちます。

ピュアナチュラル|シャンプー前の頭皮すっきりクレンジング

ピュアナチュラルの「シャンプー前の頭皮すっきりクレンジング」は、天然成分のみで添加物を一切使っていないのが特徴です。

シャンプー前に適量をプッシュし頭皮をマッサージしてください。その後、洗い流しいつも通りシャンプーをするだけと使い方も簡単です。

毛穴に詰まっている汚れを落としてくれるだけでなく、べたつきや臭いを除去する効果もあります。

アンファー |スカルプDボーテ スカルプクレンズ

話題のアンファーから発売されている「スカルプDボーテ スカルプクレンズ」は、女性の頭皮ケアのための商品です。

ヒマワリ種子油とマカデミアナッツ油を配合しており、不要な皮脂と汚れをしっかりと落としてくれます。

シャンプー前に頭皮に塗布し、指の腹でマッサージをしながら泡立てつつ髪全体になじませていきます。

マッサージ後は軽く洗い流し、普段通りにシャンプーをしてください。使用頻度は1週間に1回以上をおすすめします。

まずはできることから始めてみよう!

男性の髪形

フケへの対策として、シャンプーの方法や生活習慣の見直しなどが挙げられます。

間違った洗髪は頭皮に悪影響を与え、フケを発生させてしまうためしっかりと把握しておきましょう。また、フケ予防に有効な栄養素であるビタミンB2やB6などを含む食材を摂ること、しっかりと睡眠時間を確保する<こと、ストレスを溜めすぎないことなども意識しましょう。 シャンプー前に簡単にできるスカルプケアは、頭皮を健やかに保つうえで有効であり、フケ予防にも繋がるため実施してみてください。 これらを見直してもフケの症状が良くならない場合は、そのまま続けるのではなく一度病院へ行き医師に相談し判断を仰ぎましょう。

参考:
フケ症(徳島県医師会)

あなたにオススメのクリニックを探す
フケの他の記事