フケを予防するためにはどうすればいいの? 原因から考える4つの対策法を解説

フケが気になる人

フケは頭皮のかゆみを伴い、我慢できずにかいてしまうと衣類に付着して周囲に悪い印象を与えかねません。しかし、普通に毎日のように髪を洗い清潔にしているつもりでも、知らない間にフケが発生していることがあります。では、一体フケはどのようにして予防すれば良いのでしょうか。

そこで今回は、フケを予防するための4つの対策を説明し、あわせておすすめのヘアケアアイテムをピックアップし紹介していきます。

フケを予防するためにはどうすればいいの? 原因から考える4つの対策方法

フケを予防したい人

フケを予防するためには、そもそもの原因を理解するとともに対策法を把握する必要があります。

ここでは、フケが発生する原因を交えつつ、日常生活のなかで意識して取り組むべき対策方法について紹介していきます。

1. 暴飲暴食や寝不足が続いている→生活習慣を改善しよう

フケの原因のひとつとして挙げられるのが暴飲暴食や寝不足など生活習慣の乱れです。そのなかでも食事や睡眠は頭皮トラブルに大きく関係しています。

食事による栄養バランスが崩れると頭皮に悪影響となるため、健康を維持するために必要な栄養素をきちんと摂取することで改善に繋がります。また、寝不足は皮膚の保護機能を低下させ皮膚が乾燥してしまうためフケが発生しやすいです。

栄養バランスの良い食事を摂る、そしてしっかりと睡眠時間を確保するなど生活習慣を改善することでフケの予防に繋がります。

食生活に取り入れたいものと控えたいもの

フケを防止するため食生活に取り入れたい栄養素はビタミンB2・ビタミンB6です。これらは大豆や牛乳、そして卵やレバーなどに豊富に含まれる栄養素で、皮膚や毛質などの細胞を成長させるサポートをしてくれます。

肌荒れや髪のトラブルに効果を発揮するため、フケやかゆみを予防するためにぜひ摂取しましょう。

一方で、香辛料が含まれる食べ物は胃に負担をかけてしまい、結果として皮膚を荒れさせてしまうため避けた方が良いです。

また、アルコールは飲み過ぎると肝臓が体内に必要な酵素や栄養分を使い切ってしまうため頭皮にまで行き届きません。そのため、新陳代謝が早まることでフケを発生させるので注意してください。

2. 1日2回シャンプーをする→洗いすぎをやめよう

朝と夜に2回シャンプーをする人もいますが、過度な洗髪は頭皮を乾燥させる原因です。頭皮が乾燥するとフケを発生させてしまうため、シャンプーは1日1回にしてください。

頭皮にはある程度の皮脂が必要ですが、シャンプーをし過ぎると過剰に洗い流してしまいます。その結果、頭皮の乾燥によるフケだけでなく、毛母細胞を傷めてしまい薄毛の原因にもなりかねないため要注意です。

正しいシャンプーの方法をチェックしよう

正しいシャンプーの方法を知っておくことは、頭皮をケアするうえで重要です。

まず、シャンプーをする前に必ずブラッシングで汚れなどを落としてください。ブラッシングは汚れを落とすだけでなく頭皮のマッサージにも繋がり、血行を促進することで汚れを浮かせられます。

そして、ブラッシングで落ちなかった汚れはお湯でのすすぎ洗いで落としてからシャンプーをしてください。

このときの注意点として、手に取ったシャンプーを液のまま髪や頭皮に付けて泡立てるのではなく、手のひらで泡立ててから洗うようにします。

理由としては、液をそのまま付けてしまうと頭皮に刺激を与えてしまいますし、シャンプー後のすすぎでしっかりと洗い流すことができずトラブルに繋がりかねないからです。

最後のすすぎでは全体にシャワーをあててすすぎ残しがないようにしてください。また、ぬるま湯ですすぐことで頭皮の乾燥を防止できるため、熱いお湯は避けましょう。

3. 適当なシャンプーを使用している→フケ予防におすすめの商品を選ぼう

シャンプーの仕方だけでなく、フケを防止するためにはシャンプー選びも重要です。いくら正しいシャンプー方法を実施していても、使っている商品自体が悪い影響を与える物であれば意味がありません。

そのため、適当にシャンプーを選ぶのではなく、フケ予防におすすめの成分が配合されている商品を選んでください。フケ予防におすすめのシャンプーを紹介していきます。

洗浄成分をチェック|皮脂を取りすぎない低刺激のシャンプー

シャンプーの選び方として、まずは洗浄成分をチェックしてください。フケが発生する原因のひとつは頭皮の乾燥で、過剰に皮脂を落としてしまうことが挙げられます。

そのため、洗浄力が強くないアミノ酸系のシャンプーを使用することで乾燥を防止できます。

アルコール系や石鹸系のシャンプーは洗浄力が強く、本来必要な皮脂を落としてしまいかねないため乾燥が気になる場合は避けた方が良いです。

4. 元々乾燥肌だ→スキンケア成分の入った薬用シャンプーを購入しよう

もともと乾燥肌の人であればスキンケア成分が入った薬用シャンプーをおすすめします。薬用シャンプーはフケの原因である菌に対して効果的に働き、殺菌・除菌をしてくれます。

また、薬用シャンプーのなかでも「グリチルリチン酸」が配合されている商品は頭皮を乾燥から守ることが可能です。

スカルプケアにプラスして保湿ローションもおすすめ

スカルプケアとあわせて行ってほしいのが保湿ローションを使い乾燥を防ぐことです。上記で紹介した通り、ヘアケアはシャンプーだけでなく保湿ローションも有効で、シャンプーとあわせて販売されていることは少なくありません。

フケやかゆみを防止することに特化している抗菌・抗炎症タイプを使うことで、潤いを補給しつつ菌の繁殖を抑えられます。

ドラッグストアで購入できる! おすすめのフケ予防シャンプーと保湿ローションを紹介!

フケ予防シャンプー

フケ予防には洗い方はもちろんですが、使用するシャンプーや保湿ローション選びが極めて重要です。

ここでは、ドラッグストアで気軽に購入できる大手メーカーのシャンプーやローションを紹介していきます。

ロート製薬|メディクイックH 頭皮のメディカルシャンプー

ロート製薬の「メディクイックH 頭皮のメディカルシャンプー」は、テレビコマーシャルも放送されている話題の商品で、フケの原因である頭皮の菌の増殖を抑えるミコナゾール硝酸塩と炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。

2つの有効成分がフケ・かゆみを防ぐおすすめのシャンプーです。

ロート製薬|メディクイックH 頭皮しっとりローション

「メディクイックH 頭皮しっとりローション」は、乾燥によるフケやかゆみを予防してくれる商品で、フケの原因菌を抑えるヒノキチオールや炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムなど、乾性フケの頭皮に対して有効な4つの薬効成分を配合しているのが特徴です。

頭皮に直接濡れる「やわらかヘッド」を採用しているため、かゆみを感じたときにいつでも使用できる点も人気に繋がっています。

花王|キュレル シャンプー

花王の「キュレルシャンプー」は、頭皮の乾燥によるフケやかゆみなどのトラブルを防ぎ、滑らかな髪に仕上げてくれるのが特徴です。

植物由来の消炎剤が配合されており、赤ちゃんの肌にも使えるほど優しいシャンプーです。

花王|キュレル 保湿ローション

キュレルの保湿ローションは頭皮を保湿することに特化している商品で、潤い成分であるセラミド機能成分やユーカリエキスが配合されています。

気になる部分に直接濡れるノズルを採用しており、ベタつかないためいつでも使用可能です。

ライオン|オクトセラピエ(serapie)

ライオンから発売されている「オクトセラピエ」は、フケやかゆみの原因菌を抑えるオクトピロックスが配合されています。

泡立ちが良く頭皮や髪を優しく洗いあげることができ、低刺激処方なので頭皮にダメージを与えにくいシャンプーです。

頭皮を健康に保ってフケを防ごう!

健康な頭皮の女性

フケを予防するには食生活の改善や睡眠時間の確保、シャンプーの仕方などさまざまな方法があります。また、フケやかゆみを予防するためのシャンプーや保湿ローションを活用することで、より効果を実感できるでしょう。

数ある対策をしっかりと把握し、そのなかから自分に合った予防方法をみつけて実行してみてください。

あなたにオススメのクリニックを探す
フケの他の記事