薄毛が目立たない髪型のスタイリング方法のポイントとは!

M字ハゲやトップや後頭部の薄毛が進行しだすと、薄毛を目立たせないために試行錯誤する方は多いのではないでしょうか。

実は、薄毛を目立たせない髪型は3つのスタイリングポイントを抑えておけば簡単に作れます。

そこで今回は、薄毛が目立たない髪型のスタイリング方法について解説していきます。年代別に似合う髪型も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

薄毛が目立たない髪型のスタイリング方法とは?

薄毛の男性でも似合う髪型のスタイリング方法には、3つのパターンがあります。

毛の流れを散らしたスタイリング
トップをふんわりとしたスタイリング
おでこを見せたスタイリング

上記の3つを意識してスタイリングすると、薄毛をしっかりとカバーしてくれます。

では、薄毛を目立たせずにオシャレな髪型になる3つのスタイリング方法について詳しくご紹介していきましょう。
1. 毛の流れを散らそう

毛の流れを散らすような髪型は、薄毛を隠せるスタイリングのひとつです。毛の流れを一方向に流してしまうと、髪が薄い部分が余計に目立ってしまいます。

毛先の流れを散らすようなスタイリングをすることで、髪の薄さをカバーすることが可能です。

また、毛先の流れを散らすことで、髪同士が重なりボリュームも生まれます。短髪、長髪どちらの髪型でも使えるスタイリングテクニックなので、非常におすすめです。
2. サイドはすっきりトップはふんわりでボリュームアップの錯覚効果

サイドをすっきりとさせることで、トップにボリュームがあるように見せる髪型もおすすめです。トップをふんわりとさせることで、錯覚効果が生まれ薄毛を隠せます。

代表的なヘアスタイルは「ソフトモヒカン」です。サイドを1~3mmほどの長さでしっかり刈り上げることで、トップにボリュームがあるように見えます。

ソフトモヒカンは、頭頂部を中心に髪を立ち上げるため、てっぺんがハゲている方にもおすすめのスタイリングです。
3. 前髪をすっきり立ち上げて額を見せよう

前髪を立ち上げて額を見せるスタイリングも、薄毛を隠せる髪型なのでおすすめです。
額を見せることで、スッキリとした印象になり、おでこや薄毛の部分から視線を外すことができます。

逆に前髪を中途半端におろしていると、分け目の部分が余計に目立ち薄毛を強調してしまうう可能性があるでしょう。汗で前髪が束になったり、風で前髪が浮いたりするとさらに悪目立ちしてしまいます。

M字ハゲの方でも、髪型によっては上手に薄毛を隠せるのでおすすめのスタイリング方法です。
メンズ用スタイリング剤はどう使う? うまくセットする2つのポイント

男性の薄毛を隠す髪型を作るには、メンズ用スタイリング剤の扱い方も重要なポイントです。スタイリング剤を上手に使って髪をセットすることで、よりオシャレな髪型になります。

ここでは、スタイリング剤の種類や扱い方法についてご紹介していきましょう。
1. 目的にあったスタイリング剤を使おう!
メンズ用スタイリング剤には、目的に合わせて使用するタイプが異なります。目的とあっていないスタイリング剤を使ってしまうと、ヘアセットがなかなかうまくいきません。

では、どんな目的のときにどのタイプのスタイリング剤があっているのか解説していきます。
ハードジェル・ハードムース|カチッと固定したい時に
髪をカチッと固定したいときは、ハードジェルやハードムースタイプのものを使うのがおすすめ。

ハードジェル・ハードムースは、髪のボリュームを抑えてスマートな仕上がりになるのが特徴です。

そのため、薄毛を隠せる「バーバースタイル」や「オールバック」の髪型におすすめです。
髪をカチッと固定できるので、風で崩れることもなく1日中髪型をキープできるでしょう。

ワックス|毛先に動きを出したい時に
髪型に動きを出したいといにおすすめなのが、ワックスタイプのスタイリング剤です。毛先を遊ばせたり、束感を作りたい際には非常に使いやすいでしょう。

「ツーブロック」や「パーマスタイル」の髪型に使用すると、束感を作ったり、毛先に動きを出せます。トップにボリュームが出るので、薄毛が目立たない髪型をセットできるでしょう。

注意点として、前髪につけすぎないのがポイントです。前髪同士が引っ付いて束になり、分け目が見えるようになり、薄毛が際立ってしまいます。
スプレー|セットをキープしたい時に
セットを崩したくない場合には、スプレータイプのスタイリング剤がおすすめです。スプレーのスタイリング剤はキープ力に優れているので、髪型を一日中保つことができます。

「ソフトモヒカン」や「前髪をあげる髪型」など、髪を立ち上げるヘアスタイルにスプレーは活躍できます。ワックスと一緒に使うと、動きを持たせた毛先をずっとキープすることも可能ですよ。
2. 気になる場所によってスタイリング方法を変えよう!
目的にあったスタイリング剤を選んでも、使用方法を間違えたらうまく髪型が決まりません。使用する場所によってもスタイリング方法を変えることも重要なポイントになります。

では、M字ハゲや生え際、頭頂部で行うおすすめのスタイリング方法についてご説明していきましょう。

M字ハゲ・生え際が気になる人におすすめのスタイリング方法

M字ハゲや生え際の後退が気になる方には、毛の流れを散らすようなスタイリングがおすすめです。毛の流れを散らすことで、毛量が増えたように見え、M字部分や生え際を隠せます。

また、前髪をあげて額を見せるスタイリングもおすすめ。M字や生え際を前髪で隠していると逆にその部分が目立ってしまいます。

分け目をしっかりと見せる「七三風ショートヘアー」や前髪をかきあげる「オールバックスタイル」は、薄毛から視線が外れるおすすめのスタイリング方法です。

頭頂部が気になる人におすすめのスタイリング方法

頭頂部が気になる方は、サイドをスッキリとさせた「ソフトモヒカン」や「ベリーショートスタイル」がおすすめ。横がスッキリしていると、トップにボリュームがあるように錯覚ができるので、薄毛を隠せますよ。

また、サイドを刈り上げトップを残す「ショートレイヤー風」のスタイルもおすすめ。トップにボリュームがあるように見えるので、頭頂部を上手にカバーできるでしょう。
年代別!薄毛でも似合う男性のヘアスタイルのおすすめを紹介!

薄毛を隠せる髪型やスタイリング方法は理解できたけど、結局自分に合う髪型がわからないたは多いのではないでしょうか。そこで、薄毛の男性でも似合うおすすめのヘアスタイルを年代別にご紹介していきます。

30代〜60代の年代ごとに紹介しているので、自分にあう髪型を見つける参考にしてくださいね。
髪型で心がけることとは?
薄毛の男性が自分にあう髪型を探すとき、重要になるのが清潔感があるかどうかです。薄毛を隠したいがために、長めのヘアスタイルを選択してしまうと、女性からの印象が下がる可能性があります。

では、薄毛の男性が髪型を決める際に心がけることについて詳しく説明していきますね。

長髪より短髪! 女性に人気なのはショートヘア|ツーブロックやオシャレ坊主

男性の髪型は、長髪よりも短髪にするのがおすすめです。女性は男性の髪型について、長髪よりも短髪の方が圧倒的に好きなようです。

短髪にすると、顔の表情がよくわかるのですっきりとした印象を持たれます。さらに、髪を短くすることで清潔感も生まれるでしょう。

清潔感を生み出す短髪にすることで、
ビジネスシーンの第一印象がよくなる
女性からの高感度が高くなる
自分に自信を持つことができる
などのメリットがあります。

長髪にして薄毛を隠したいという男性が多いですが、実はそれが逆効果になっている可能性もあります。長髪にすることで毛量が増え、髪が少ない部分だけ凹んだりするからです。短髪にした方が、髪の凸凹がなくなり、薄毛を隠すことができるでしょう。

短髪の方が女性からの高感度が高い傾向にあります。髪型に悩んでいる男性は思い切って「オシャレ坊主」や「ツーブロック」などの短髪にしてみてはいかがでしょう。
30代の男性におすすめの髪型を紹介!
30代の男性は、肌にまだハリがあり、毛量も比較的多いはず。
そのため、動きのある髪型や少し毛量を意識した髪型ができるでしょう。

では、30代の男性におすすめの髪型を2つご紹介していきます。
ツーブロック×ソフトモヒカン
ツーブロックとソフトモヒカンを組み合わせた髪型は、30代の男性におすすめの髪型です。サイドをツーブロックでしっかりと刈り上げることで、モヒカン部分にボリュームがあるように錯覚させます。

あえてスッキリとサイドを刈り上げ清潔感を強く演出できる髪型ですね。

ビジネスパーマ
サイドとバックをしっかり刈り上げて、清潔感を出している髪型です。パーマをかけることでボリュームUPができ、薄毛を隠せます。ワックスやジェルタイプのスタイリング剤を付けると、さらに動きがでてオシャレにキマるでしょう。

40代の男性におすすめの髪型を紹介!
薄毛が進行したり、白髪が混じってくる40代におすすめの髪型を2つご紹介していきますね。

刈り上げショートヘア
刈り上げショートヘアは40代の男性におすすめのヘアスタイル。

サイドを刈り上げ、前髪を立ち上げて額を見せることで、爽やかな雰囲気を演出できます。
眼鏡を合わせたり、髭を合わせると少しワイルドなイメージが出るので、大人の40代におすすめです。

ベリーショート
ベリーショートスタイルは、どの年代にも合う髪型ですが40代の男性に特におすすめします。40代になると白髪も増え始め、薄毛も進行している可能性が高いです。

ベリーショートなら、髪が短いことでトップ部分への視線が外れ、長髪の髪型よりも白髪や薄毛が目立ちにくくなります。

50代の男性におすすめの髪型を紹介!

40代よりも少しダンディーな雰囲気が強まる50代。なかなか自分に似合う髪型を探すのは大変です。50代の男性は、無理に若作りをしない渋い髪型にするのがおすすめです。

オールバック
オールバックの髪型は50代の男性におすすめする髪型です。サイドをしっかり刈り上げ、短めに切ったトップ部分をオールバックにまとめた方が、50代のカッコいい渋さを演出できます。

ナチュラルショート
ナチュラルなショートヘアも50代男性におすすめしたい髪型のひとつです。モヒカンやパーマなどに頼らず、上げるだけのシンプルさが50代男性にぴったり。スタイリングも簡単です。

60代の男性におすすめの髪型を紹介!
60代のシニア男性におすすめの髪型を2つご紹介します。60代でイメチェンをするなら、無理に髪型を変えようとせず、顔や髪質に合わせてスタイリングするのがおすすめです。

オールバック
オールバックスタイルは、60代男性にもおすすめしたい髪型。特に綺麗な白髪をしている方は、オールバックスタイルはとても似合います。

60代の渋さであれば、普段からオールバックにしていても違和感はありません。

ショートモヒカン
60代の男性でもショートモヒカンは非常におすすめの髪型。サイドを刈り上げてスッキリさせ、トップにしっかりとボリュームを持たせます。

頭頂部や生え際がハゲていても、60代ならではの渋さがいい具合に出るおすすめのヘアスタイルになります。

薄毛にパーマはおすすめ?
パーマは、髪のボリュームを増やせ頭皮も隠せるので、薄毛の方にもおすすめです。

ただ、頭皮に強いダメージを与えるなどのデメリットもあるので、パーマをする際にはデメリットもしっかりと理解しておきましょう。では、薄毛の男性がパーマをかけるメリット・デメリットをご紹介します。
パーマのメリット
・髪のボリュームが増えたように見える
・セット時間の短縮
・パーマ独自の雰囲気を演出できる
パーマのデメリット
・頭皮・髪への負担が大きい
・薄毛を進行させる可能性がある
・パーマスタイル以外の髪型ができない
薄毛を目立たせないためのスタイリング方法をマスターしよう!

今回は、薄毛が目立たない髪型のスタイリング方法や年代別のおすすめ髪型についてご紹介していきました。

毛の流れを散らす
サイドを刈り上げてトップにボリュームを持たせる
前髪をあげて額を見せる

紹介した上記3つのスタイリング方法は、薄毛を隠すために重要なポイント。スタイリング剤を使う場所や扱い方もマスターできれば、よりカッコいい髪型を作れます。
薄毛が目立たない髪型にすれば、オシャレ度もアップ。

今回学んだスタイリング方法を意識して、薄毛が目立たないオシャレな髪型に、イメチェンしてみてはいかがでしょうか。

あなたにオススメのクリニックを探す