AGA治療はどこに相談すればいい?|AGA治療のよくあるQ&Aにお答え!

クリニックの医者

最近はテレビCMやインターネット広告などでAGA治療に関するものを目にする機会が増えました。しかし「どこでAGA治療を受けられるのか?」と聞かれると、はっきりと答えられる方は少ないかもしれません。

ここではAGA治療について相談できるところを紹介していきます。

AGA治療はどこに相談すればいい?

薄毛の人

AGA治療を行っているところは大きく分けて3つあります。では実際にAGA治療を行っている、または相談できるところをそれぞれの違いを含めて見てみましょう。

AGAクリニック

AGAクリニックはAGAのみを専門に扱ったクリニックを指します。HPには「AGA治療専門」「薄毛治療専門」と記載されている場合がほとんどです。

AGAを専門とした医師が診察・治療を行います。そのためAGAクリニックでは医療行為としてのAGA治療、医薬品の処方を受けることが可能です。

AGA治療薬であるプロペシアやミノキシジルの処方のほか、自毛による植毛や薬剤注入などを行っているクリニックもあります。

患者に合わせた治療を行ってくれるので効果を実感しやすいことも特徴。

美容皮膚科・美容外科・形成外科

これらはAGAを含む自由診療に特化した病院という位置づけです。AGA治療についての専門性は一般皮膚科よりは高く、AGAクリニックよりは低くなります。

つまり一般病院の皮膚科よりはAGAの専門性はありますが、AGAクリニックほどではないということです。

一部の美容皮膚科などでは一般病院の皮膚科では受けられない処方以外の治療を受けられる場合があります。

皮膚科

複数の診療科がある診療所や総合病院、クリニックなどの皮膚科を指します。AGAを専門に扱っていないので、美容皮膚科や特にAGAクリニックより専門性は低い。

保険診療をメインに扱うため、治療費はクリニックなどに比べて安く抑えられます。しかし、それ故に限られた治療しか受けることができません。

フィナステリドという脱毛予防薬は処方できるので、現状維持が目的なら選択肢のひとつとしてはよいでしょう。

AGA治療はどこで行うのがベスト?

AGAに悩む人

薄毛の状態によってベストな相談場所は変わりますが、大半の場合AGAクリニックがベストな選択かと思います。

なぜならクリニックにはAGA・薄毛治療を専門としたスタッフや医師がカウンセリングや診察を行ってくれるからです。一人ひとりに合った治療を受けられることもクリニックの強み。

また一般病院の皮膚科などとは異なり、プライバシーを守る配慮がなされていることが多いのも特徴。薄毛という繊細な悩みなだけに周囲の目が気にならないのは有り難いことです。

そのほかにも立地が駅近など交通アクセスがよい場合が多いので、継続して通う必要がある薄毛治療にベスト。

無料カウンセリングを利用できる!

病院で相談するとなると相談料(初診料)が掛かります。そうなると進みかけた足が止まってしまうかもしれません。でも放っておくと悪化していくAGAは早めの治療が大切です。

そこでAGAクリニックを利用してみてはいかがでしょうか。クリニックは多くの場合「無料カウンセリング」を用意しています。(※例外はあります)

相談するだけなら無料なので気軽に利用することができるクリニックが多いです。もし相談してAGAではなかったとしても、無料なので安心です。

まずはお気軽に無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

AGAクリニックは薄毛治療のスペシャリストだから

病院の皮膚科や美容皮膚科よりAGAクリニックをおすすめするのには理由があります。それは薄毛治療に関する専門性が最も高いのはAGAクリニックだからです。

治療費自体は保険適用外の部分があるため、一般病院の皮膚科などに比べると高くなる傾向がありますが、その分確かな効果を期待できます。

病院の皮膚科や美容皮膚科に行ってみたものの、十分な効果を実感できずに結局クリニックに行くことに。そんな状況になるかもしれません。それならば最初からクリニックに行くことで結果的に効果も実感でき、費用を抑えることができます。

AGA治療のよくあるQ&A

AGAの質問に答える人

薬の副作用やAGAの傾向、育毛サロンとAGAクリニックの違いなど気になることがたくさんあるかと思います。

ここからはAGA治療に関するよくある質問答えていきます。

Q.自分がAGAなのかセルフチェックすることはできる?

A.可能です。セルフチェックすることでAGAの可能性を疑うことができます。

以下の項目でひとつでも当てはまるものがあれば、AGAの可能性があります。皮膚科への受診やAGA専門のクリニックでのカウンセリングを検討しましょう。

【AGAセルフチェック】

  • 抜け毛の毛先が細くなっている
  • 昔比べて前頭部、頭頂部の髪のハリやコシがなくなった
  • 枕に短い毛が落ちている
  • シャンプーの際、明らかに抜け毛の量が多い
  • 以前より髪型が決まらなくなった
  • 分け目が目立つようになった

当てはまるものが多いほどAGAの可能性が高くなります。AGAは自己治療が難しい病気なので、気になることがあれば早めに専門機関に相談してみてください。

AGA治療で使う薬には副作用があるの?

A.副作用はありますが、発現率は1~2%とごく僅かです。医師と相談して治療を進めることでリスクを下げたり、治療薬の調整すれば不安になる必要はありません。

AGA治療薬で起こり得る副作用は以下の通り。

フィナステリド:勃起不全、性欲減退、肝機能障害
デュタステリド:勃起不全、性欲減退、精液量減少
ミノキシジル(外用):頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、熱感など
ミノキシジル(内服):脱毛、発熱、吐き気、動悸、頭痛、嘔吐など

また初期脱毛と呼ばれる症状がAGA治療の初期段階で起こります。しかしこれは治療が正常に進んでいる証拠なので悲観することはありません。

薬の効果で生えてきた新しい毛が古くて弱い毛を押し上げることにより脱毛します。要するに抜けているのは弱くて細い毛なので問題ありません。

副作用があると聞くと躊躇してしまうかもしれませんが、どんな薬にでも副作用はあり得ます。普段何気なく飲んでいる風邪薬や鎮痛剤なども同様です。

では普段から飲む機会が多い風邪薬や鎮痛剤の副作用はほとんど見られないのか。それは発現率が非常に低いからです。AGA治療薬もそれらと同様に発現率は非常に低く、1割前後とされています。

また医師の元であれば体質に合わせて処方を変えたり、万一副作用が出た場合でも迅速に対処してもらえるので安心です。

育毛サロンとAGAクリニックは別物?

A.はい。全く別物と考えてよいでしょう。

育毛サロンでは髪の毛を生やす発毛がメインではなく、頭皮環境などを整えることをメインに行います。ヘッドスパやマッサージが主です。

AGA治療の基本となる薬も育毛サロンでは医師がおらず処方できませんし、医療行為が禁止されています。

対してAGAクリニックは専門の医師による治療が可能なので、治療薬の処方や自毛の植毛を行えます。

まとめ:AGA治療はどこに相談すればいい?|AGA治療のよくあるQ&Aにお答え!

AGAの医者

AGA治療を相談するのにおすすめなのは、やはり専門性が高いAGAクリニックです。専門的な治療はもちろん、ほとんどのところで無料で相談できるのが大きな理由になります。

しかし、いざ治療することになり通うとなると、毎月決して安くはない治療費が掛かります。治療の目的やAGA治療に掛けられる費用と相談しながら、自分に合った治療方法やクリニックを選ぶことが大切です。

少し高くても十分な効果を実感したいならAGAクリニック。現状維持が目的でコストを抑えたい方は皮膚科など自分に合ったベストなものを選択しましょう。

あなたにオススメのクリニックを探す
AGAの他の記事