AGA治療薬には副作用がある?起こる確率や具体的な症例、安全な治療法について解説!

AGA副作用

AGAとは簡単に言うと「若ハゲ」です。最近ではよく聞く言葉になりつつあり、専門のクリニックも増えていることで通院している人も増加傾向にあります。AGAの治療を受ける場合、費用や期間などはもちろんですが、副作用についても知っておく必要があります。

そこで今回は、AGA治療薬の副作用についての真意を説明し、副作用を起こしやすいのはどういった体質の人なのか、そしてどのような症状がみられるのかなどを解説していきます。

また、治療薬に用いられるフィナステリドやミノキシジルなど、具体的な薬名も挙げつつ紹介していきますので、治療に取り組もうと考えている人はぜひチェックしておいてください。

AGA治療薬には副作用があるって本当?

副作用のイラスト

AGA治療薬における副作用は、主にかゆみやかぶれ、頭痛などが挙げられます。また、場合によっては性欲減退や勃起不全などが起こる可能性もゼロではありません。あくまで個人差はありますが、一般的には上述した副作用があると考えられています。

副作用が起こりやすい体質ってあるの?

副作用はどの薬にも起こり得るものなので、AGA治療薬だけという訳ではありません。また、仮に副作用を起こしたとしても症状は個人差がありますので、一概に示すことは難しいです。

しかし、AGA治療薬による副作用を起こしやすい体質はあるといわれていますので、回避する意味でもひとつの目安として参考にしてみてください。

まず、食べ物やダニなどに対してアレルギーを持っている人は、処方する薬に対しても過剰に反応する可能性が高いことからAGA治療薬による副作用を引き起こすことが考えられます。

また、肝臓や腎臓機能に何かしらの問題がある人は、薬の代謝や排泄能力が低いことから体に薬の成分が溜まりやすく、結果として副作用の症状を引き起こす場合があります。

そして、多くの薬を服用している人も肝機能が低下している場合があるため、AGA治療薬による副作用を引き起こすことが考えられます。

AGA治療薬が引き起こす副作用にはどんな症状がある?

AGAの副作用

AGA治療には、主に「フィナステリド」と「ミノキシジル」が使われます。これらは発毛や育毛に期待できる成分を配合していますが、副作用を引き起こす場合があることも理解しておきましょう。

ここからは、フィナステリドとミノキシジルによる副作用について説明していきます。

フィナステリドで起こり得る副作用

フィナステリドはプロペシアに含まれている成分で、1.1%の確率で性欲減退・0.7%の確率で勃起機能不全を引き起こすとされています。

また、上記以外にも食欲不振や肝機能障害による全身の倦怠感などがみられる場合もありますので、少しでも異変を感じた場合は医師の診療を受けてください。

ミノキシジルで起こり得る副作用

ミノキシジルとは発毛剤などに含まれている有効成分で、AGAクリニックだけでなく市販薬にも配合されているものです。ミノキシジルは外用薬と内服薬により副作用が若干異なるため、両者の症状を知っておきましょう。

まず、ミノキシジルの外用薬の副作用として挙げられるのは、頭皮の場合はかぶれやかゆみなどが報告されています。また、頭痛やめまいなどがあり、副作用の症状は多岐に渡るのが特徴です。

そして内服薬の場合は、全身の多毛症・手足のむくみ・頭痛・めまい・動悸息切れ・性欲減退・勃起障害などがあります。他にもさまざまな報告はありますが、副作用を引き起こす確率はおよそ8%といわれています。

ミノキシジルで起こる初期脱毛は心配ない!

ミノキシジルはAGA治療薬として処方されることが多いものですが、ネット上にはミノキシジルを服用すると抜け毛が増えたという声が少なくありません。

毛を増やすために治療をしているにも関わらず抜け毛が増えると心配になりますが、これはミノキシジルが細胞にしっかりと効いている証拠で、一種の好転反応です。初期脱毛はおよそ1ヶ月から2ヶ月を経過すると自然に止まるので、心配することはありません。

AGA治療を安全に行うには?

AGAの安全性

AGA治療は薄毛対策として非常に効果的ですが、上述した通り副作用を引き起こす点については注意が必要です。人により差があるとはいえ、できれば副作用を引き起こすことなく治療に励みたいと考えるでしょう。

では、少しでも副作用を起こす確率を減らすにはどうすれば良いのでしょうか。ここからは、安心して治療ができるように副作用を起こしにくくする対策について紹介していきます。

AGAクリニックで治療薬を処方してもらうのが安全

最も安全にAGAの治療を行うには、AGAクリニックを受診して治療薬を処方してもらうのがおすすめです。現在ではAGA治療に効果を発揮する薬は通販や個人輸入、または薬局にて手軽に購入できます。

しかし、AGA治療薬による副作用は体質によって個人差があるため、医師と相談をしながら自分に合った薬を服用することが重要です。

AGAクリニックの無料カウンセリングを活用しよう

現在では街中に多くのAGAクリニックがあり、治療へ進む前に無料カウンセリングを実施しているところもあります。

無料カウンセリングでは院内の雰囲気やスタッフの対応などがわかるだけでなく、AGA治療は自分に合っているのか、安全に取り組めるのか、治療には実際どれくらいの費用がかかるかなどの相談に乗ってくれます。

さらに、自分の体質に合った治療薬について相談もできますので、気軽に利用してみてください。

もしもAGA治療薬による副作用が起きてしまったら?

AGAの治療に励んでいる最中に、万が一薬の副作用とみられる症状を引き起こした場合は、すぐに薬の服用を中断してAGAクリニックに相談をしてください。また、ここで注意しなければいけないのは自分で判断して物事を進めてしまうことです。

もし自己判断で薬の服用を中断すると、場合によってはさらに副作用による症状が悪化する可能性があります。専門の医師に相談をすることで、薬の量を減らしたり種類を変えたりと、正確な知識のもと適切な判断をしてくれます。

AGA治療の効果をなるべく落とさず、かつ薬の副作用によるリスクを抑えた治療法に切り替えるなどの提案もしてくれるため、少しでも早くクリニックにて相談をしてください。

AGA治療薬には副作用がある?起こる確率や具体的な症例、安全な治療法について解説!

AGAの副作用を考える人

AGA治療は薬による高い発毛効果などが期待できますが、一方で副作用を懸念する人も少なくありません。人により副作用による症状の度合いは異なるため一概にはいえませんが、自分の判断で治療に励むことは避けた方が無難です。

フィナステリドやミノキシジルなど、髪を増やすための有効成分には頭痛やめまい、さらには頭皮のかゆみや吐き気などのあらゆる副作用を引き起こす可能性が考えられています。

そのため、AGA治療薬は専門のクリニックにて医師の診断を受けたうえで処方してもらうことが、安心して治療に取り組むためのポイントです。また、少しでも薬の副作用と思われる症状が出た場合は、すぐにクリニックにて医師の判断を仰いでください。

あなたにオススメのクリニックを探す
AGAの他の記事