ミノキシジルの副作用にはどんなものがある? 血圧に関する副作用はある?

男性の頭頂部

発毛剤や育毛剤、AGAに含まれる「ミノキシジル」。しかし、このミノキシジルには発毛・育毛以外に、意図しない症状が出るケースも確認されています。

ミノキシジルを含んだ治療薬などを使用する前に、どのような副作用が発生する可能性があるのか、把握することが大切です。

今回はミノキシジルの副作用について紹介します。外用薬と内服薬の違いや、血圧に関する副作用もあわせて紹介するので参考にしてください。

ミノキシジルの副作用にはどんなものがある? 血圧に関する副作用はある?

髪にスプレーをする男性
ミノキシジルは発毛・育毛効果が期待できるため、ヘアケア製品やAGA治療薬に含まれることが多いです。しかし、発毛・育毛以外の効果「副作用」が起きる可能性もあるので、注意してください。では、ミノキシジルとはどのようなものか、どのような副作用があるのか紹介します。

ミノキシジルは血圧降下剤の副作用から生まれた薬

ミノキシジルの副作用を知るためには、どのような成分なのか理解すると分かりやすいです。実は、今では発毛・育毛目的で使われているミノキシジルですが、もともとは血圧を下げるための薬に含まれていました。

ミノキシジルを含んだ薬を服用していた患者に、多毛・発毛効果が確認され、度重なる臨床試験の結果、ミノキシジルに発毛・育毛効果があることが分かったのです。つまり、ミノキシジルを服用することで、血圧に変化が起きやすいといえるでしょう。

成分を更に研究開発してAGA(男性型脱毛症)治療薬へ

そこから、今まで血圧下降剤として使われていたミノキシジルの発毛・育毛効果に注目し、脱毛症や薄毛対策としての研究が進んだことで、現在ではAGAなどの治療薬として開発されているのです。

血圧下降剤ではない用途に開発されていますが、人によっては血圧に影響があるなどの副作用が出ることは考えられるといえます。

ミノキシジル外用薬の副作用の一例

ミノキシジルを使った治療薬は、大きく分けて「外用薬」と「内服薬」に分けられます。外用薬の場合、頭皮に直接塗るので副作用が発生する可能性もあります。特に肌が弱く刺激に敏感な人は、副作用が出やすいので注意が必要です。

頭皮・肌への症状|痒みや発疹・フケなど

ミノキシジルを使った外用薬の代表的な副作用は、頭皮の痒みです。これは外用薬に含まれるミノキシジルなどの成分により、アレルギー反応が起きるからです。この反応により、頭皮が炎症を起こしてしまい痒みが発生します。

アレルギー反応の大きさによって炎症の程度も変わり、場合によってフケや発疹が出るケースもあります。この症状はミノキシジル以外の成分によって起こる可能性もあるため、治療薬を選ぶときは注意が必要です。

この副作用の程度は、治療薬を使用する量によっても変わります。しかし、症状には個人差があるのでどれくらいの量を使用すれば、どの程度の症状が出るかは分かりません。ミノキシジルの外用薬を使用する際は、用法・用量を守って使うことが大切です。

また、ミノキシジルの外用薬による副作用で注意するべきことは「脱毛」です。発毛・育毛を促すミノキシジルを含む治療薬を使うと、人によって髪の毛が抜ける可能性があります。

この脱毛は「初期脱毛」と呼ばれる現象で、一時的な脱毛で体に害はありません。これは、ミノキシジルの効果によって新しい髪の毛が生え、古い髪の毛が押し出されることで発生する脱毛です。最初は驚くかもしれませんが、概ね1ヶ月から2ヶ月で収まります。

肌以外の症状|めまいや頭痛・動悸など

ミノキシジルを使用すると、頭皮以外にも症状が出る可能性があるので注意が必要です。ミノキシジルは血管を拡張する役割があり、一時的に心臓の働きが大きくなります。

つまり、血管が拡張することで血圧は下がりますが、その分心臓の負担がかかってしまい、運動した直後のような動悸が現れることがあります。同じ理由から、低血圧状態に近い症状が出る可能性もゼロではありません。

具体的には、立ちくらみやめまい、頭痛などの症状が起きる場合があります。軽度で治まる場合が多いですが、効果を早く出そうと多く使ってしまうと、低血圧状態が続いて不整脈や倦怠感などの大きく症状が出るケースもあります。

血圧に関する副作用はある?

ミノキシジルはもともと血圧下降剤に使われていた成分であり、血管が拡張することで血圧低下に繋がる可能性があります。多くの発毛剤・育毛剤・AGA治療薬には、使用上の注意から血圧が降下する副作用を予測できます。

しかし、場合によっては使用上の注意から予測できない血圧上昇の症状も出ているので注意が必要です。

タブレットなど内服薬を服用した場合の副作用は?

AGA治療薬などには、タブレットなどで服用する内服薬もあります。内服薬の場合、ミノキシジルが血管を巡るため、発毛・育毛効果が全身に現れる可能性があるでしょう。そのため、外用薬と違い内服薬は、全身の体毛が濃くなる場合があるので注意してください。

外用薬と同様に、血圧が低下することによる低血圧症状が出ます。頭皮に塗布するのではなく、体内に直接取り込むため外用薬よりも症状がはっきり強く出る可能性があります。

また、他にも、体にむくみが発生する副作用もあります。血管が拡張して血の巡りが良くなることで、血中濃度が上昇し体内の水分のバランスが悪くなり、主に顔や手足などの末端がむくみやすくなります。

内服薬は日本で認可されていないリスクがある

ミノキシジルを含む内服薬は確かに存在していますが、日本国内では認可されていません。

日本皮膚科学会によるガイドラインによれば、外用薬の使用は推奨しているものの、内服薬の服用は推奨していません。また、男性型脱毛症に対する治療薬としてミノキシジルの使用を認可している国はないのです。

内服薬は体内に直接取り込むため、結果が出やすいと考えられていますが、その分副作用が起きるリスクも大きいので注意が必要です。

注射薬として使用する場合の副作用は?

ミノキシジルには外用薬・内服薬以外にも、注射薬を使った「メソセラピー」もあります。このメソセラピーは、注射器を用いて有効成分を頭皮に直接浸透させるため、発毛・育毛に大きな効果が見込まれています。

しかし、内服薬と同様に体に直接ミノキシジルを投与するため、頭痛やめまいなどの低血圧症状などの副作用が出る危険性があります。そのため、内服薬と同様に注射薬による治療に関しても推奨はされていません。

ミノキシジルは発毛・薄毛改善効果あり|使用する前に副作用も押さえておこう

髪の生え際
ミノキシジルには外用薬・内服薬がありますが、内服薬や注射薬など、人体に直接取り込むタイプの治療薬は副作用の影響が大きいため、国内での使用は推奨されていません。

外用薬を塗布する場合でも、発毛・育毛効果など薄毛改善効果が認められていますが、塗布した頭皮に痒み・発疹が出たり、フケが大量に出たりする副作用が出る可能性もあるので注意しましょう。

もちろん副作用の症状には個人差がありますが、用法・用量を守って正しく利用することが大切です。安全にミノキシジルを含む治療薬を利用する場合は、発生する可能性がある副作用を理解しましょう。

あなたにオススメのクリニックを探す
AGAの他の記事