フィンペシアには偽物もある?|通販サイトや個人輸入で海外の医薬品を購入するリスクとは

海外医薬品のリスク

AGA(男性型脱毛症)に悩んでいる人は多く、クリニックに通い治療をする人や、市販薬を使い改善を図る人などさまざまです。そこで、今注目されているのが「フィンペシア」で、これはAGA治療に効果があるプロペシアのジェネリック医薬品となります。

ジェネリック医薬品なので価格も安く継続して使いやすいですが、不安な点もいくつかあるため、事前に知識を有しておくことが大事です。今回は、フィンペシアに偽物は出回っていないのか、そして通販サイトなどで購入する際のリスクなどを紹介していきます。

フィンペシアには偽物もある?

掌の薬剤

AGAの改善を目指すうえで、フィンペシアは多くの人に注目されている薬です。では、まずフィンペシアとはどういった薬なのか、そしてフィンペシアに偽物は出回っていないかを解説していきます。

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品|日本未承認

ィンペシアとは、AGA治療薬に用いられている「プロペシア」のジェネリック医薬品です。インドのムンバイに本社があるシプラ社が製造しているもので、プロペシアと同じ成分が配合されていることから注目されています。

成分が同じであるジェネリック医薬品なので価格も安く、AGAの改善を目指す人からすると、お金を少しでも抑えて治療が続けられることが人気に繋がっている理由です。

偽物が出回っている可能性も|個人輸入や通販サイトでの購入には注意が必要!

フィンペシアは厚生労働省が承認していない、いわゆる「未承認薬」にあたります。そのため、日本国内では安全性が確認されていないことから販売・製造は行われていません。フィンペシアを購入する場合は、通販もしくは海外から個人輸入という方法になります。

つまり、正規のルートで購入するわけではないため、精巧に作られた偽物が出回っている可能性があります。国の審査がない状態で販売されているので、成分が確かであるかも不明です。購入の際は、十分に注意してください。

通販サイトや個人輸入で海外の医薬品を購入するリスクとは

3粒の錠剤

フィンペシアは日本国内では販売がされていないため、購入する場合は通販サイト、もしくは海外からの個人輸入となります。では、それらの方法で海外の医薬品を購入するリスクについて解説していきます。

健康被害の可能性がある

フィンペシアを通販サイトや海外からの個人輸入で購入する場合、国から承認を得て販売されている薬に比べて、保健衛生上のリスクが伴います。まず、厚生労働省の承認はない薬は、正規のメーカーであると偽った偽造製品かもしれません。

そのため、成分や分量などがきちんと記載されていない場合もありますので、健康面で悪い影響を与える可能性が考えられます。偽造品は精巧に作られているうえ、海外からの輸入となれば、使用上の注意などは外国語で記載されています。

つまり、効能や効果、さらに用法・用量などを正確に理解することは困難といえるでしょう。フィンペシアを製造・販売しているインドのシプラ社のものではない場合もありますので、通販サイト・海外からの個人輸入で購入する際は十分な注意が必要です。

副作用や異常が出ても適切な対応が受けられないことも

上述した通り、通販サイトで購入したり、もしくは海外から個人輸入で購入したりした場合は、正規のメーカー品を偽っている偽造製品である可能性がありますそのため、成分が正しく記載されているとは限らないので非常に危険です。

商品によっては、薬を投与することによる副作用についてもきちんと記載されていない場合があります。また、海外の規制当局により品質が確認されているもので、用量や用法を守っていても、副作用が生じることも考えられます。

個人輸入をして購入した医薬品については、医師や薬剤師などでも使用されている成分について、知識を十分に有していない場合もあるので、万が一副作用がでても適切に迅速な対応をすることが難しいです。

厚生労働省のホームページにも、個人輸入で購入した医薬品については健康被害に悪影響を及ぼしても救済措置がないと記載されているため、リスクが伴うことを理解しておかなければいけません。

商品の購入は効果や副作用についてしっかりと学んでから

国からの承認を得ていない医薬品を通販サイトや海外から個人輸入で購入する場合は、用法・用量をきちんと守っていても、人体に悪影響を及ぼす可能性があるため、非常にリスクが高いことを知っておく必要があります。

海外から個人輸入した医薬品については、どのような成分が使われているかわからないことから、正しく使用しても副作用を引き起こす可能性がありますし、その際に医師や薬剤師など、専門家でも迅速に対応できない場合もゼロではないです。

そのため、いくら安いといっても、体にとって危険であることをしっかりと理解しておいてください。日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている薬について、適正に使用したにも関わらず健康被害が生じた場合は、救済を図る公的制度があります。

しかし、海外から個人輸入した医薬品については、たとえ健康被害が生じても公的制度は受けられず救済の対象外です。薬を購入する場合は、事前にしっかりと学んでおくことが非常に大切です。

医薬品の個人輸入は、メリットよりもデメリットの方が多いと考えられています。外国の医薬品を購入して不利益を被るのは、使用者やその家族です。そのため、医薬品の個人輸入を検討している人は、まず医師や専門家に相談をしてください。

数量制限にも気をつけよう

医薬品の個人輸入については、数量制限が設けられています。厚生労働省のホームページに記載されており、薬の種類によって制限がかけられている数量は異なりますが、自由に好きなだけ購入できないことを知っておきましょう。

数量制限をしていることからもわかる通り、海外から医薬品を輸入することは、やはりリスクが伴います。いかに厚生労働省が承認している薬が安全であるかを理解しておくと、海外から輸入する怖さがわかります。

フィンペシアは偽物がある可能性も|個人輸入の利用は慎重に

処方された薬

フィンペシアは、AGAの治療に効果を発揮するプロペシアのジェネリック医薬品となり、価格も安く購入できることから注目されています。しかし、日本国内では未承認となる医薬品なので安全性は確かではありません。

また、厚生労働省から承認されていないため日本では製造や販売ができず、購入するには通販サイトや海外から個人輸入をする必要があります。しかし、海外から個人輸入する場合は、精巧に作られた偽物である可能性があるので注意が必要です。

使用されている成分も外国語であるためわかりませんし、人体に悪影響を及ぼすリスクもあります。そのため、もし個人輸入をして医薬品を購入する際は、事前に医師や薬剤師など専門家に相談をしてください。

厚生労働省から承認されていない医薬品の場合は、健康被害を被った場合でも国からの救済措置が受けられません。安く薬を購入したい気持ちはわかりますが、慎重になることが極めて重要です。

参考:
医薬品等を海外から購入しようとされる方へ(厚生労働省)
医薬品等の個人輸入について(厚生労働省)

あなたにオススメのクリニックを探す