アボダートには副作用がある? ほかのAGA・薄毛治療薬と併用はできる?

白い錠剤

AGA(男性型脱毛症)に悩んでいる人は多く、改善に期待できるアボダートは治療薬として注目されています。アボダートに配合されている成分はデュタステリドです。

AGA治療に効果が期待できるとしても、副作用について気にする人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、アボダートを服用することによる副作用やほかのAGA治療薬との併用について、さらにアボダートを購入する方法などを紹介していきます。

アボダートには副作用がある?

赤いライトが照らされた薬と手

AGA治療に期待ができるアボダートには副作用があります。ここからは、アボダートについての概要と、主成分であるデュタステリドにはどんな副作用があるかを解説していきます。

アボダートは元々は前立腺肥大症の治療薬だった

アボダートはAGA治療薬として活用される前は、前立腺肥大症の治療薬として用いられていましたが、AGAにも効果があることが研究でわかっています。

ザガーロは日本国内において、厚生労働省から承認されている薬ですが、アボダートは未承認薬となりますので、製造や販売は行っていません。

主成分デュタステリドで起こりうる副作用とは?

アボダートの主成分はデュタステリドというものです。AGA治療に効果を発揮する反面、いくつか副作用が起こりうると報告されていますので解説していきます。

肝臓の機能障害|慎重投与

アボダートに含まれるデュタステリドは、重大な副作用として肝臓の機能障害が挙げられます。ビリルビンの上昇に伴い肝機能障害や黄疸の発生が考えられるため、慎重投与になっているためご注意ください。

男性ホルモン抑制の影響|EDや性欲減少

デュタステリドは男性ホルモンを抑制する効果があるため、その影響でEDや性欲減少が起こる可能性があります。日本人120例のうち、EDは4.3%・性欲減少は3.9%という数値です。

初期脱毛が起きる可能性も

デュタステリドを成分とするアボダートを服用すると、初期脱毛を引き起こす可能性があります。初期脱毛は、ヘアサイクルを正常にして、髪を生やすための準備をしていることにより発生します。

そのため、初期脱毛が起こることはAGA治療薬が効いている証拠なので、厳密には副作用とはなりません。毛がどんどん抜けていくと不安にならないよう、事前に知識として把握しておきましょう。

注意! アボダートは男性専用の治療薬

アボダートは男性専用のAGA治療薬です。女性が服用すると、男性胎児の外生殖器の発達を阻害してしまう可能性がありますので使用しないでください。子どもについても、安全性と有効性が確立されていないことから服用は避けましょう。

そのほかの副作用|じんましんやアレルギー反応など

デュタステリドの服用による副作用として、上記以外にはじんましんやアレルギー反応、味覚異常やめまいなどが挙げられます。いずれも頻度は不明ではありますが、起こりうる可能性があるとして理解しておきましょう。

ほかのAGA・薄毛治療薬と併用はできる?

手のひらに積まれた薬・サプリメント

アボダート以外に、AGAの改善に効果が期待できる治療薬は複数あります。ここからは、アボダートに含まれるデュタステリドの効果や、ほかのAGA治療薬との併用について解説していきます。

アボダートのAGA治療薬としての効果とは?

アボダートには、5αリダクターゼ酵素を阻害し、ヘアサイクルを正常にする効果が期待できます。これにはDHTという薄毛の原因である物質が関わっており、DHTは男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼ酵素が反応することで生成されるのが特徴です。

DHTが生成されると薄毛は急速に進みます。そのため、デュタステリドによって5αリダクターゼ酵素を阻害し、DHTを生まないようにすることで進行を抑制する効果があります。

ほかの治療薬と併用で発毛・育毛効果UPはできる?

デュタステリドは、ほかのAGA治療薬と併用することで、発毛・育毛の効果アップが期待できるかを解説していきます。

ミノキシジル外用薬との併用は可能!

ミノキシジルは、リアップやリグロなどの発毛剤に配合されています。ミノキシジルは血管を拡張し栄養を髪に届けることで発毛を促す効果がある成分です。そのため、デュタステリドの5αリダクターゼ酵素を阻害する効果と合わせることができます。

デュタステリドを服用することでAGAの進行を遅らせつつ、ミノキシジルにより発毛を促すという使い方ができますので覚えておきましょう。

プロペシア(フィナステリド)との併用は避けた方がいい

ミノキシジルと並んで、多くの人に認知されているAGA治療薬がプロペシアです。プロペシアにはフィナステリドという有効成分が配合されていますが、デュタステリドとの併用は避けた方が良いです。

デュタステリドとフィナステリドは、5αリダクターゼ酵素を阻害するという似た働きがあるため、原則として飲み合わせが禁止されています。食べ合わせがあるように、薬にも相性がありますので把握しておきましょう。

アボダートを購入できる場所はある?

白い大きめの薬・サプリメント

アボダートは厚生労働省が承認していないため、日本国内では販売されていません。ここからは、アボダートはどこで購入できるかを解説していきます。

取り扱いのあるクリニックで処方してもらおう!

デュタステリドは、日本では未承認薬となるためドラッグストアなどで販売できません。購入する際は、AGA専門のクリニックにて処方してもらいましょう。すべてのクリニックで扱っているとは限らないため、事前に問い合わせをしてみてください。

個人輸入はリスクが高いので注意

クリニックでの処方以外では、海外から個人輸入で購入する方法があります。しかし、海外からの個人輸入は偽物が出回っている可能性があること、配合されている成分の安全性が確認されていないことから、リスクが伴いますので注意が必要です。

医薬品を個人輸入で購入すると、命に関わる危険な事態に発展する可能性がゼロではありません。アボダートの個人輸入を安易に考えていると危険です。

起こりうる副作用をきちんと把握してから服用しよう!

頭に手をあてる髭をはやした男性

アボダートを服用の際は副作用を引き起こす可能性があるため注意しなければいけません。

アボダートに含まれているデュタステリドの副作用には、EDや性欲減少といった男性の性機能障害や、重大な副作用となる肝機能障害などが挙げられます。そのほかにも、じんましんやアレルギー反応などの副作用が報告されています。

AGAを改善したいという考えに気を取られすぎず、服用中に問題が発生した場合は、そのまま使用を続けるのではなく、速やかにクリニックを受診し医師に相談してください。

※アボダートは、すべての方に効果や副作用があるわけではありません。

参考サイト:

日本皮膚科学会ガイドライン

医薬品等を海外から購入しようとされる方へ|厚生労働省

医薬品等の個人輸入について|厚生労働省

あなたにオススメのクリニックを探す
AGAの他の記事