フィンペシアはプロペシアのジェネリック薬!フィンペシアの効果とは|プロペシアとの違いを比較

ケースから出された薬

AGA(男性型脱毛症)に悩んでいる人にとって、クリニックに通うこともひとつですが薬による治療も検討したいところです。そこで注目されているのが、プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアです。

ジェネリック医薬品なだけに価格も安いため、継続して使用できる点が注目されている理由といえるでしょう。では、フィンペシアにはどういった効果があるのでしょうか。

そこで今回は、フィンペシアの効果やプロペシアとの違いなどを紹介していきます。

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品|フィンペシアの効果とは?

処方箋

フィンペシアはAGA治療に活用できる薬で、その効果についても気にしている人は多いです。ここでは、フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品であること、そして期待できる効果について解説していきます。

フィンペシアはインド発のプロペシアのジェネリック|主成分はフィナステリド

「フィンペシア」は「プロペシア」というAGA治療に用いられている薬のジェネリック医薬品です。フィンペシアはインドのムンバイに拠点を構えている「シプラ社」が製造・開発しているものです。

プロペシアのジェネリック医薬品としてⅡ型5α-還元酵素阻害薬に分類され、価格が安いことからAGAに悩んでいる人から注目されています。基本的な飲み方や服用方法は1日に1回、食事には左右されず服用できるのが特徴です。

フィンペシアの効果とは

フィンペシアは男性型脱毛症、つまりAGAの進行を遅らせる効果があります。これはプロペシアにも期待できる効果で、主成分は同じ「フィナステリド」です。AGAの原因であるDHTという物質の産生を抑制することから進行を遅延させる薬となります。

DHTとは「ジヒドロテストステロン」というもので、これは男性ホルモンであるテストステロンが5α-還元酵素により変換されることで生み出されます。フィンペシアを服用することで、DHTの産生をしている最中に5α-還元酵素を阻害するのが特徴です。

髪は「休止期」・「成長期」・「退行期」というサイクルがあります。AGAは成長期である髪に対して、生み出されたDHTが毛乳頭細胞にあるDHT受容体と結合することで、休止期や退行期に移行させることで髪が育たなくなり薄く細くなるのです。

つまり、フィンペシアを服用することでDHTの産生を抑制し、ヘアサイクルを正常な状態に近づけることが可能です。すると、細くなった髪にコシが出る、または休止期の髪が成長期になり新たな髪が生えるといった効果が期待できます。

フィンペシアとプロペシアははどこが違う?

薬

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品であり、主成分は同じフィナステリドです。そのため、AGAに対しての効果も同じであることから改善に期待されています。しかし、いくつか異なる点もあるため使用する前に把握しておきましょう。

こからは、フィンペシアとプロペシアの違いについて解説していきます。服用するにあたって、副作用についても紹介していきますので、ぜひ目を通しておき知識として覚えておいてください。

フィンペシアは国内では未承認薬

まず、フィンペシアとプロペシアで大きく異なる点は、日本国内において承認されているか未承認であるかが挙げられます。上述した通り、フィンペシアはインドのムンバイにあるシプラ社が製造・販売している薬です。

一方、プロペシアは日本ではMSD社、そして海外ではメルク社が販売等を行っている薬です。つまり、フィンペシアは海外の医薬品にあたるため、国内で製造や販売をするには厚生労働省からの承認が必要となります。

しかし、現在フィンペシアは厚生労働省から承認されていない「未承認薬」にあたるため、国内では製造はおろか販売すらされていません。そのため、購入する際は通販サイトや海外から個人輸入する必要があります。

フィンペシアには1mg錠しかない

フィンペシアとプロペシアの違いとして剤型の違いも挙げられます。プロペシアは0.2mgと1mg錠がありますが、フィンペシアは1mg錠のみです。つまり、プロペシアは状態に応じて使い分けることができます。

しかし、フィンペシアはプロペシアと違い1mg錠しかないため、服用することで体調にどのような異変が起こるかはわかりません。その点は、効果は同じであっても体調を意識する観点から意識すべき違いといえるでしょう。

フィンペシアは価格が安い

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品であるため、価格が安い点は大きなメリットといえます。プロペシアに関しては自由診療での処方であるため、保険診療は行われません。つまり、AGA治療に用いる際は全額自己負担です。

価格はクリニックにより異なるため一概にはいえませんが、平均1ヶ月で9,500円から13,000円といわれています。一方でフィンペシアの場合は1,500円から4,900円程度が相場とされていますが、あくまで一例です。

厚生労働省から承認されていない薬であることから、個人輸入もしくは通販サイトなどで購入します。そのため、承認されているプロペシアに比べて相場価格は不透明であるといえるでしょう。

また、フィンペシアは精巧に作られた偽造品が出回っている可能性も危惧されており、個人輸入をするのは危険です。厚生労働省の公式ホームページにも薬の個人輸入について注意喚起が行われています。

AGA・薄毛治療薬としての効果や副作用には違いはある?

AGA治療薬として用いられている薬は、効果はもちろんですが副作用も気にしておくべきです。フィンペシアとプロペシアは効果・副作用ともに基本的には同じとされています。しかし、フィンペシアは「未承認薬」であることを忘れてはいけません。

フィンペシアとプロペシアの主成分であるフィナステリドには、性欲減退」や「勃起機能不全」などがあります。しかし、フィンペシアに関しては医療用医薬品に指定されていないため、自己判断での使用は危険です。

何度かお伝えしているように、フィンペシアは厚生労働省が承認していない薬であるため、安全性が確認されていません。そのため、本来記載されているものではなく、重篤な症状へ進行する可能性があります。

副作用について「はっきりしない」という意見もありますので、フィンペシアを服用するにあたっては、「医師による適切な管理がなければ、使用するのは危険である」と考えてください。

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品

錠剤の薬

フィンペシアはAGA治療薬であるプロペシアのジェネリック医薬品として、効果が同じで価格は安いことから注目されています。しかし、フィンペシアは日本国内において厚生労働省から全性を確認されていない「未承認薬」です。

そのため、国内では製造・販売はされておらず、購入するには個人輸入を行わなければいけません。また、副作用についてははっきりしていないことから、使用するにあたりリスクが伴います。

価格が安く服用を続けやすいとしても、人体に多大な悪影響を与える可能性がある薬であることを理解しておきましょう。服用を検討している人は、事前に医師に相談することをおすすめします。

参考考:
男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版 (日本皮膚科学会ガイドライン)

あなたにオススメのクリニックを探す

合わせて読みたい

AGAの他の記事